生理痛センター
生理痛ってどんなもの?
生理痛ってどんなもの?
【生理痛ってどんなもの?】月経の仕組みと、痛み・頭痛・吐き気などの症状を緩和する方法生理痛の症状や原因、対処法について知るために、月経と女性ホルモンの関係についても知っておきましょう。
生理痛ってどんなもの? カテゴリ一覧へ >>
生理痛の対処法
生理痛の対処法
【生理痛の対処法】症状を緩和したいなら身体を温める(ヨガ)/薬(鎮痛剤・ピル)/食べ物(イソフラボン)生理痛の症状を改善するために効果的な、ヨガなどの身体を温める運動療法、食事の内容を変えたり、薬の効果をご紹介します。
生理痛の対処法 カテゴリ一覧へ >>
生理に影響を与える子宮のトラブル
生理に影響を与える子宮のトラブル
【生理に影響を与える子宮のトラブル】子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症と子宮に関する病気をご紹介生理痛で動けなくなるほどの症状が出る人は子宮筋腫や子宮内膜症、子宮腺筋症など子宮に関する病気の可能性があります。
生理に影響を与える子宮のトラブル カテゴリ一覧へ >>
生理に関するよくある悩み
生理に関するよくある悩み
【生理に関するよくある悩み】生理痛が酷い月経困難症・月経が安定しない生理不順・不正出血などをご紹介みんな同じように生理痛があるからと我慢しないで病院で治療を受けることで月経困難症、生理不順、不正出血などは改善できます!
生理に関するよくある悩み カテゴリ一覧へ >>
生理前のイライラはPMSかも!?
生理前のイライラはPMSかも!?
【生理前のイライラはPMSかも!?】月経前症候群の症状と低用量ピルなどによる治療法、セルフケアの方法をご紹介生理前に気持ちが不安定になる人はPMSの症状が出ているかもしれません!適切な治療を受けることで症状を軽減することができます。
生理前のイライラはPMSかも!? カテゴリ一覧へ >>
生理痛コラム
生理痛コラム
【生理痛コラム】骨盤矯正による生理痛の改善法とは?基礎体温で月経周期とホルモンバランスを把握!骨盤矯正を行うことで生理痛の改善に繋がるかもしれません!生理痛・月経を知るために基礎体温のつけ方をご紹介します。
生理痛コラム カテゴリ一覧へ >>

生理痛

生理痛

生理痛とは女性ならば誰にでもある生理ですが、生理による症状は人それぞれ。
日常生活に差し支えのない人もいれば、日常生活に支障をきたす人もいます。
ひどい人は会社や学校を休まなければならないほど…
「生理なんてなければ良いのに…」と思っている人も多いのでは?

生理は嫌だけれど、生理が来ないことも不安の原因になってしまいます。
生理がどうしてくるのか、自分の体では何が起きているのかを知っていますか?
つらい生理痛は体のトラブルのサインかもしれません。

生理痛の痛みもイライラも、あきらめないで原因を解決していくことで、解消されていきます。
自分の生理痛と向き合うことが大切です。

まずは生理痛をしっかり理解して、毎月の生理に向けて心も体も準備していきましょう。

あなたの痛みは生理が原因じゃないのかも…

生理痛の原因を知る生理痛の裏に婦人病が隠れていることも。
自分では重い生理痛と思っていても、痛みの原因は婦人病であるケースは少なくありません。

自分が「当たり前」と思っている症状も、実は病気のサインかもしれません。
生理の症状は、人と比べにくいですよね。
月経血の量はその一つ。
夜用ナプキンを日中使用して、3時間以上もたない場合は、月経血が多いと考えたほうが良いです。

次の中に当てはまるものはありませんか?

  • 経血にレバーのようなかたまりがある
  • 痛みがひどいときには冷や汗が出ている
  • 立ちくらみがする
  • 貧血になる(めまいや息切れの症状がある)
  • 痛みが強くて我慢できないことがある
  • 鎮痛剤を使用しても痛みがおさまらない
  • 経血の量が多い(または増えている)
  • 月経の日数が長い
  • 生理以外の時にも下腹部に痛みを感じることがある

上記のうち3つ以上当てはまるものがある場合、早めに婦人科の受診をおすすめします。
生理のほかに原因があるかもしれません。適切な治療が必要でしょう。

生理痛は健康のバロメーター

生理痛は身体からのサイン生理痛は心と体の健康のバロメーターと言えます。
生理と大きく関係している女性ホルモンは、ストレスや生活環境などの影響を受けやすく、 とてもデリケートなんです。

生理痛と向き合うことで、心と体の健康、生活環境、ホルモンバランス、栄養状況など多くのことに目を向けられます。
「生理痛だから」とあきらめないで、生理痛としっかり向き合うことが、心と体、そして充実した生活のために大切だと言えるでしょう。

生理痛はガマンするものじゃない!

生理痛の治療について生理痛は誰にでもあるものですが、「みんな我慢しているのだから…」と自分も我慢しなければいけないと考えてはいけません。
また、「生理だからしかたない」と諦めてしまってはいけません。
生理は我慢するものではないのです。

原因を見つけて、治療・改善していくことで、生理痛は緩和されます。
市販の鎮痛剤を使用している人が多いですが、婦人科を受診する人のほとんどが、鎮痛剤が効かなくなって、どうしようもなくなって受診しているのだとか。
長く付き合っていく生理なのですから、限界まで我慢せずに、早めの治療を始めることが大切です。

生理痛の改善には知識が必要!

生理痛の緩和のために生理痛と上手に付き合っていくためには、生理に関する知識も必要です。
知識がないことで、子宮や卵巣の病気を逃してしまうことだってあります。
市販の鎮痛剤でも、飲むタイミング一つで、生理痛が全く異なることもあります。
生活習慣を改めるだけでも、毎月の生理痛が大きく改善されてくるのです。

まずは、生理痛をあきらめないで、生理痛の知識を身につけていきましょう!
きっと自分の生理痛の原因となるものが見つかるはずです。

  • 体を温めて痛みを緩和 - 冷えは生理痛の大敵!ヨガが効く!?
  • 食べ物で生理痛を緩和 - 大豆イソフラボンはホルモンバランスを整える
生理痛センター-注目記事ランキング