生理痛
生理痛生理痛ってどんなもの?

生理痛の原因

生理痛の原因

生理痛

生理痛の原因とは?生理痛は個人差があり、症状も原因もさまざまです。
あなたは、自分の生理痛の原因を知っていますか?
生理痛の改善には、まずは自分の生理痛の原因を知ることが大切。

このページでは主な生理痛の原因を紹介しています。
確認していきましょう!

子宮口がせまい

子宮口の大きさ月経血の通る子宮口や子宮頚管が狭く、スムーズに月経血が通れないために痛みを生じます。
10代〜20代の若い女性や、出産を経験していない女性に多く、子宮が成熟していくと軽減されていくケースが多いです。

出産すると生理痛がなくなる?

「出産すると生理痛がなくなる(軽くなる)」とよく聞きますが、これは子宮口が開くことによって、月経血が通りやすくなり、生理痛が軽減されるのです。

しかし、誰でも出産すれば生理痛が軽くなるというわけではありません。
子宮口意外に生理痛の原因がある場合には、当てはまらない場合もあります。

子宮の収縮が強い

月経血は子宮が収縮することにより、押し出されて外に出てきます。
この子宮の収縮はプロスタグランディンというホルモンの分泌によって起こります。
プロスタグランディンが多く分泌される人は、収縮が強く、痛みが強いのです。

プロスタグランディンは、子宮だけでなく血管も収縮させるので、血管の収縮によって血行が悪くなり、頭痛や肩こりなどを生じることもあります。

プロスタグランディンは陣痛のときにも働く!?

プロスタグランディンは子宮の収縮を起こすホルモンですが、出産するときの陣痛もプロスタグランディンによって引き起こされています。
陣痛が起きない場合に使用される陣痛促進剤にも、プロスタグランディンが用いられているのです。

つまり、プロスタグランディンの分泌が多い人は、陣痛のような強い痛みを感じてしまうということになります。

子宮や卵巣の病気・異常

子宮筋腫や子宮内膜症などの病気は生理痛を悪化させます。
ただの生理痛だと思い込んでしまって、発見が遅くなってしまうことも…。

産婦人科を受診して、適切な治療を行うことが大切です。
また、子宮の奇形や子宮の傾きによって生理痛が起こる場合もあります。

体の冷え・血液の流れが悪い

女性の体は冷えやすいので、冷え性の人が多いです。
体の冷えは、血液の流れを悪くしてしまうので、骨盤内の血液の流れも悪くなって生理痛をひどくします。

血液の流れが悪いと、子宮を過剰に収縮して月経血を外へ出そうとするので、子宮の収縮が強くなり、痛みが生じてしまうのです。

ストレス

ストレスは「万病の元」とも言われ、さまざまな病気を引き起こしますが、生理痛にも大きな影響があります。
過度のストレスは自律神経を乱します。
自律神経はホルモン分泌の調整を行う役目もあるので、自律神経の乱れはホルモンバランスの乱れにつながるのです。

また、ストレスは生理痛だけでなく、不妊症や無月経、無排卵の原因にもなります。

骨盤の歪み

骨盤の歪みは多くの人にありますが、骨盤の歪みが大きくなると、子宮が傾き(子宮の前屈・後屈)や女性ホルモンの働きと関係している仙骨の歪みを引き起こし、生理痛を起こしてしまいます。
また、骨盤のゆがみで血流が悪くして、冷えの原因にもなります。

【生理痛センター】コンテンツ分類
  • 【生理痛ってどんなもの?】月経の仕組みと、痛み・頭痛・吐き気などの症状を緩和する方法
  • 【生理痛の対処法】症状を緩和したいなら身体を温める(ヨガ)/薬(鎮痛剤・ピル)/食べ物(イソフラボン)
  • 【生理に影響を与える子宮のトラブル】子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症と子宮に関する病気をご紹介
  • 【生理に関するよくある悩み】生理痛が酷い月経困難症・月経が安定しない生理不順・不正出血などをご紹介
  • 【生理前のイライラはPMSかも!?】月経前症候群の症状と低用量ピルなどによる治療法、セルフケアの方法をご紹介
  • 【生理痛コラム】骨盤矯正による生理痛の改善法とは?基礎体温で月経周期とホルモンバランスを把握!
【生理痛センター】コンテンツメニュー
  • 体を温めて痛みを緩和 - 冷えは生理痛の大敵!ヨガが効く!?
  • 食べ物で生理痛を緩和 - 大豆イソフラボンはホルモンバランスを整える
注目記事(生理痛センター)ランキング