生理痛
生理痛,症状生理痛ってどんなもの?

生理痛の症状

生理痛の症状

生理痛

生理痛の症状とは?生理痛は個人差が大きく、症状も症状の出る時期も人によって異なります。
生理痛が起こる時期は、生理が始まってから1〜3日で起こる人が最も多いようです。

生理前に起こる症状は、生理痛とは異なり、月経前症候群(PMS)と呼ばれています。

生理の主な症状と対処法

身体と精神に影響する症状生理痛の症状は体だけでなく、心にも現れます。
どのような症状があり、どのように対処したら良いのでしょうか。

頭痛

生理の頭痛の原因は、はっきりとはわかっていませんが、エストロゲン(卵胞ホルモン)の影響が大きいとされています。
そのため、生理前から生理3日目に頭痛が起きる場合が多く、エストロゲンの分泌が減少する排卵日にも頭痛が起きる場合があります。

頭痛の対処法は?

生理中の頭痛に、市販の鎮痛剤を使用する人は多いのですが、市販の鎮痛剤ではあまり効果がない場合が多いといいます。生理中の頭痛は偏頭痛です。
そして、痛みが強い場合が多いです。
病院で処方される偏頭痛の薬(主にトリプタン製剤)が効果があるようです。

生理痛の痛みの強い時期に通院するのは大変なので、生理の来る前に、病院で相談してみると良いでしょう。

腰痛

生理のときの腰痛は、多くの人が経験しています。
腰のだるさや腰が重いような感覚、ひどい場合では、歩くこともできないほどの痛みを感じる場合もあります。

生理のときの腰痛は、主に分泌される女性ホルモン(プロスタグランディン)が原因となっていますが、骨盤のゆがみが原因となる場合や、冷え性が原因になる場合もあります。

腰痛の対処法は?

月経痛の腰痛は、骨盤内の血行を良くすることで緩和できます。
血行を良くするためには体を冷やさないようにする必要があり、体を温める食事や服装、規則正しい生活が大切です。
腰まわりを温められる下着を身につけるのも良いですね。
痛みが強い場合には、鎮痛剤の使用で、ある程度は緩和されるでしょう。

冷え性の改善は、生理中はもちろんですが、普段からの生活習慣を見直す必要があります。
バランスの良い食事や規則正しい生活、適度な運動などを心がけると良いでしょう。
血行を悪くする喫煙は、減らす努力が必要です。

骨盤の歪みのある人は、普段から骨盤のゆがみを矯正する体操をしたり、整体などの骨盤矯正に通ったりすると良いでしょう。

下腹部痛

下腹部痛は、生理中の症状で最も多い症状だと言えるでしょう。
痛みの程度は、人それぞれであり、ひどい人は「子宮の病気なのではないか」と心配になってしまうほどです。
生理痛の下腹部痛も、子宮の収縮を促進するプロスタグランディンが原因とされています。

子宮の収縮が強くなるために、下腹部に痛みが生じてしまうのです。

下腹部痛の対処法

下腹部の痛みは、冷やさないことが大切です。
ストレスや疲労は、痛みを強くする可能性があるので、溜めないようにすることも大切です。

鎮痛剤を使用しても痛みが緩和されない場合は、月経困難症や子宮の病気が隠れている可能性があります。
痛みを我慢せず、婦人科を受診してみましょう。

吐き気・胃痛

月経の時には、子宮を収縮させるプロスタグランディンをいうホルモンが分泌されますが、このホルモンには子宮以外の臓器や血管も収縮させる働きがあり、吐き気や胃痛、下痢の症状を引き起こしてしまいます。

吐き気の対処法は?

鎮痛剤を生理予定日の3日くらい前から服用すると良いでしょう。
鎮痛剤には、月経痛の原因であるプロスタグランディンの生成を抑える効果があります。

市販されている鎮痛剤のほとんどにプロスタグランディン抑制の効果がありますが、心配な場合には、月経が始まる前の体調の良いときに、一度婦人科を受診すると良いでしょう。

生理中の精神症状は緩和できる?

生理中や生理前のホルモンバランスの崩れによる精神不安定は珍しいことではありません。
生理になるとイライラしたり、落ち込んでしまったり…自分の気持ちをコントロールできずに悩んでいる女性は多くいます。

しかし、その程度は人によって異なり、日常生活に支障をきたしてしまい、家事や仕事ができなくなってしまうという人も。

生理中の精神症状の対処法

ホルモンバランスは生活習慣とも関係しています。
日頃から、ホルモンバランスを崩さない生活習慣を心がける必要があるでしょう。

  • 食事
    1日3食しっかりとることが大切です。
    不足しがちな栄養素はサプリメントで補うのも良いですね。
    特にビタミンやミネラルは、日本人が不足しがちな栄養素であり、ホルモンバランスの改善に効果的です。
  • 心と体を休める
    忙しい日々を送っていると、ホルモンバランスが崩れやすくなってしまいます。
    心と体をリラックスできる時間を作ってあげることが大切です。
    また、不規則な生活を送っていると、心と体の負担となるだけでなく、ホルモンバランスも崩れてしまうので、規則正しい生活を心がけましょう。
  • ストレス
    ストレスは誰もが感じているものです。
    しかし、過度のストレスになると、ホルモンのバランスを崩す原因に…。
    ストレスを溜めすぎないように、自分なりのストレス発散法を見つけて、定期的にストレスを解消するようにしていきましょう。
  • 適度な運動
    適度な運動は女性ホルモン(エストロゲン)の調節を助け、血行を良くする効果があります。
    そして、適度な運動はストレス解消効果もあるので、適度な運動を定期的に行う習慣をつけていくと良いですね。

症状が重い場合は…

生理中の精神面も、婦人科で相談できます。
ホルモンのバランスを調べることができますし、専門家からのアドバイスはとても役立ちます。
生理中の精神的な不安定は、自分一人で悩んでしまって相談できずにいる人が多いですが、専門家である医師ならば相談しやすいですよね。

生理前から精神的な症状が見られる場合には、月経前症候群(PMS)の可能性もあります。なるべく早く医師へ相談することをおすすめします。

【生理痛センター】コンテンツ分類
  • 【生理痛ってどんなもの?】月経の仕組みと、痛み・頭痛・吐き気などの症状を緩和する方法
  • 【生理痛の対処法】症状を緩和したいなら身体を温める(ヨガ)/薬(鎮痛剤・ピル)/食べ物(イソフラボン)
  • 【生理に影響を与える子宮のトラブル】子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症と子宮に関する病気をご紹介
  • 【生理に関するよくある悩み】生理痛が酷い月経困難症・月経が安定しない生理不順・不正出血などをご紹介
  • 【生理前のイライラはPMSかも!?】月経前症候群の症状と低用量ピルなどによる治療法、セルフケアの方法をご紹介
  • 【生理痛コラム】骨盤矯正による生理痛の改善法とは?基礎体温で月経周期とホルモンバランスを把握!
【生理痛センター】コンテンツメニュー
  • 体を温めて痛みを緩和 - 冷えは生理痛の大敵!ヨガが効く!?
  • 食べ物で生理痛を緩和 - 大豆イソフラボンはホルモンバランスを整える
注目記事(生理痛センター)ランキング