生理痛
生理痛,鎮痛剤,ピル生理痛の対処法

薬を飲んで生理痛を改善

薬を飲んで生理痛を改善

生理痛

薬の効果生理痛の対処法で最も多いのは「薬の服用」なのだそうです。
薬と一言で言っても、生理痛に効果のある薬はさまざま。

自分の症状に適した薬を使用することが大切です。
自分の生理痛の原因を理解していますか?
生理の痛みの影に子宮の病気が隠れている場合もあるので注意が必要です。

市販の鎮痛剤をなんとなく飲み続けて、病気に気付かなかったということがないように、婦人科を受診して、正しい生理痛の原因を知っておくべきだと言えるでしょう。

生理痛に効果のある薬の種類

生理痛改善に使われる薬の種類生理痛に効果のある薬には、主に鎮痛剤・低用量ピル・漢方薬があり、それぞれに違った効果を持ち、生理痛の原因を改善できます。

鎮痛剤の効果

鎮痛剤の鎮痛効果は一般的だと思います。
頭痛や歯痛などでも服用することがありますが、鎮痛剤には鎮痛効果だけでなく、生理痛の原因となる酵素の働きを抑制する効果があるのです。

生理痛の痛みの原因は、子宮収縮を促進するプロスタグランジンというホルモンにあるとされています。
鎮痛剤に含まれる成分は、プロスタグランジンが作られるのを抑制してくれるので、痛みが軽減するのです。

鎮痛剤を飲むタイミング

鎮痛剤(頓服薬)は、月経痛が強くなってから飲む人が多いです。
なるべく薬を飲まないで我慢する人もいます。

しかし、鎮痛剤は痛くなってから飲むのでは遅いです。
子宮を収縮させて月経痛を引き起こすプロスタグランジンが生成される前に、鎮痛剤を飲んでおいたほうが効果が高いのです。
鎮痛剤は体に良くないと考える人が多いようですが、そんなことはありません。
ギリギリまで薬を飲まずに我慢する必要はないのです。

鎮痛剤は、月経予定日の2〜3日前から飲み始めると良いでしょう。
生理2日目に最も痛みが強くなる場合には、月経が始まったらすぐに薬を飲むのも良いでしょう。

低用量ピルの効果

低用量ピルは避妊薬のイメージが強い人も多いのではないでしょうか。
定量量ピルは月経痛や月経困難症、子宮内膜症などにも使用されています。
低用量ピルは、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が含まれていて、排卵を休ませる効果があります。
含まれるホルモンが少ないので「低用量」とされています。低用量ピルは、かつて日本で使用されていたものよりも、ずっとホルモン量が少なく、副作用の心配はほぼありません。

低用量ピルの使用で生理痛が緩和されるのは、排卵を休ませることにより、子宮の収縮を抑制できるからです。
生理痛の緩和の他にも、生理不順の改善、PMS(月経前症候群)の改善、子宮内膜症の治療などに使用されています。

漢方・漢方薬の効果

漢方では、生理痛の原因は不通則痛(感情や血液などが乱れる状態)と、不栄則痛(栄養や血液、活動力などが足りない状態)の二つだとされています。

わかりやすく言うと、「不通則痛」は血行が悪い・ストレスが溜まっている・冷えなどがある状態であり、「不栄則痛」はエネルギーや栄養の不足・貧血の状態を言います。

不通則痛タイプの漢方療法

血液の循環が悪い不通則痛タイプは、痛みが強く、チクチクと痛む特徴があり、生理が始まる前から痛みを感じる場合が多いです。

このタイプの人は、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)という血行を良くする漢方薬が処方される場合が多いです。

不栄則痛タイプの漢方療法

血液や栄養が不足している不栄則痛タイプは、生理中や生理後半にシクシクと痛むのが特徴であり、疲れやすい・めまい・下腹部痛・腰痛などの症状もあります。

このタイプの人は、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)という貧血症状の改善やホルモンバランスを整える効果のある漢方薬が処方される場合が多いです。

【生理痛センター】コンテンツ分類
  • 【生理痛ってどんなもの?】月経の仕組みと、痛み・頭痛・吐き気などの症状を緩和する方法
  • 【生理痛の対処法】症状を緩和したいなら身体を温める(ヨガ)/薬(鎮痛剤・ピル)/食べ物(イソフラボン)
  • 【生理に影響を与える子宮のトラブル】子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症と子宮に関する病気をご紹介
  • 【生理に関するよくある悩み】生理痛が酷い月経困難症・月経が安定しない生理不順・不正出血などをご紹介
  • 【生理前のイライラはPMSかも!?】月経前症候群の症状と低用量ピルなどによる治療法、セルフケアの方法をご紹介
  • 【生理痛コラム】骨盤矯正による生理痛の改善法とは?基礎体温で月経周期とホルモンバランスを把握!
【生理痛センター】コンテンツメニュー
  • 体を温めて痛みを緩和 - 冷えは生理痛の大敵!ヨガが効く!?
  • 食べ物で生理痛を緩和 - 大豆イソフラボンはホルモンバランスを整える
注目記事(生理痛センター)ランキング