生理痛
子宮内膜症生理に影響を与える子宮のトラブル

子宮内膜症

子宮内膜症

生理痛

増えている子宮内膜症子宮内膜症を発症する女性が増えています。
そして、現代のライフスタイルでは、子宮内膜症を発症するリスクが高くなっているともされています。

誰もが病気に関する知識を身につけ、自分の体を理解し、ケアしていく必要があると言えるでしょう。

子宮内膜症とは?

子宮内膜症とは女性は、定期的に子宮内膜を厚くして、受精卵を迎える準備をします。
受精卵が着床しない(妊娠しなかった)場合に、厚くなった子宮内膜は剥がれ落ちて排出されます。
これが生理であり、子宮内膜は月経血として、外に排出されます。(生理については【生理のしくみ】で説明していますので、参考にしてください。)

子宮内膜症とは、子宮内に作られる子宮内膜が、子宮の中以外の箇所に作られてしまうことを言います。
つまり、子宮内で起きている生理が、子宮以外の場所で起こってしまうのです。

子宮内膜症が最も発症しやすい場所は骨盤内であり、子宮の後ろや卵巣が多いです。
へそや足の付け根(鼠径部)などにも発症します。

子宮内膜症が発症する原因は?

子宮内膜症の原因はまだ明確にはなっていません。
しかし、次に説明する子宮内膜移植説が有力とされています。

子宮内膜移植説

子宮内膜が剥がれると、月経血として、子宮口を通って出てきます。
しかし、子宮口は狭いので排出がスムーズでないと、月経血は卵管に流れてしまいます。
子宮内膜を含んだ血液が卵管を通って逆流し、子宮以外のところにくっつくと、そこで活動を始めてしまいます。
そして子宮以外のところで子宮内膜の細胞が増殖してしまうのです。

あなたは大丈夫!?こんな症状ありませんか?

子宮内膜症の症状の特徴は、月経痛が徐々にひどくなるということです。
月経を重ねるごとに痛みが強くなっていきます。子宮内膜症を発症した人のほとんどに、ひどい生理痛の症状がみられました。

その他にも子宮内膜症には、下記のような症状があります。
当てはまるものが多い場合は要注意です。早めに産婦人科を受診しましょう。

  • 生理以外の時にも下腹部痛がある
  • 腰痛がある
  • お腹が張る
  • 月経血の量が多い(レバーのようなかたまりが出る)
  • 肺便通がある
  • 性交痛がある
  • 不妊である
  • 頻尿である

子宮内膜症の診断は?

子宮内膜症の診断は、問診・内診・エコー検査(超音波検査)を行い診断します。
MRIやCTの検査も必要な場合には行われる場合もあります。
問診では、生理周期や生理の期間、月経血の量などを聞かれるので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。手帳などにつけておくと良いです。

子宮内膜症の治療方法は?

子宮内膜症の治療方法には、薬物療法と手術療法がありますが、症状の進行具合や妊娠の希望などで選択する治療方法は異なります。
医師としっかり相談して決めましょう。

薬物療法

子宮内膜症は、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌によって症状が進みます。
そのため、エストロゲンの分泌を抑制するホルモン剤や低用量ピルなどを使用します。
薬を使用して、体を生理のない閉経の状態・妊娠の状態にするのです。

ホルモン剤によって閉経と同じ状態を作り、生理を休ませることで症状を改善します。
また、体を妊娠のような状態にする場合には、低用量ピルが使用されます。

手術療法

手術療法は、ライフスタイル(妊娠を希望するかどうか)や症状の進行によって、方法が異なります。
妊娠を望む場合には、子宮や卵巣を残し、病巣だけを取り除きます。

この場合、再発する可能性があるというデメリットがあります。
また、そのほか、卵巣のみを残して子宮を摘出する方法・子宮・卵管・卵巣を摘出する方法などがあります。

子宮内膜症と不妊の関係

子宮内膜症は卵巣や卵管、卵管采、子宮内環境へ悪影響を及ぼします。
さまざまな要因が複合的に重なって、妊娠しにくい状態を作っているとされています。
子宮内膜症の患者の半数が不妊に悩んでいるというデータもあります。

【生理痛センター】コンテンツ分類
  • 【生理痛ってどんなもの?】月経の仕組みと、痛み・頭痛・吐き気などの症状を緩和する方法
  • 【生理痛の対処法】症状を緩和したいなら身体を温める(ヨガ)/薬(鎮痛剤・ピル)/食べ物(イソフラボン)
  • 【生理に影響を与える子宮のトラブル】子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症と子宮に関する病気をご紹介
  • 【生理に関するよくある悩み】生理痛が酷い月経困難症・月経が安定しない生理不順・不正出血などをご紹介
  • 【生理前のイライラはPMSかも!?】月経前症候群の症状と低用量ピルなどによる治療法、セルフケアの方法をご紹介
  • 【生理痛コラム】骨盤矯正による生理痛の改善法とは?基礎体温で月経周期とホルモンバランスを把握!
【生理痛センター】コンテンツメニュー
  • 体を温めて痛みを緩和 - 冷えは生理痛の大敵!ヨガが効く!?
  • 食べ物で生理痛を緩和 - 大豆イソフラボンはホルモンバランスを整える
注目記事(生理痛センター)ランキング