生理痛
子宮腺筋症生理に影響を与える子宮のトラブル

子宮腺筋症

子宮腺筋症

生理痛

子宮腺筋症の出来る原因毎月子宮内では、子宮内膜を厚くして受精卵が着床する準備をしますが、受精卵が着床(妊娠)しないと、子宮内膜は必要なくなって剥がれ落ちます(生理)。
この子宮内膜は通常子宮内にあるものですが、子宮筋層(子宮の壁の部分)の中にできてしまうと、子宮筋層が病変してしまいます。これが子宮腺筋症です。

子宮腺筋症とは?

子宮腺筋症とは子宮腺筋症とは、子宮筋層内にできた子宮内膜による月経時の出血が原因となり、子宮筋層(子宮の壁)が硬く、大きくなっていきます。
子宮が大きくふくらんでいるので、過多月経となり、収縮異常のため痛みも激しくなってしまいます。

妊娠によって、生理が止まれば症状は改善されるのですが、子宮腺筋症が不妊の原因となっている場合が多いです。

子宮内膜症との違い

子宮内膜症も子宮内腔以外に子宮内膜ができてしまいますが、子宮筋層にできるものを子宮腺筋症とし、区別しています。
子宮内膜症は30歳〜発症しますが、子宮線筋症は30代後半〜50代で発症するケースが多くなっています。

子宮腺筋症の症状は?

子宮腺筋症の症状の特徴は、月経痛の激しい痛み・過多月経・性交痛・排便痛・不正出血の症状です。
子宮腺筋症の症状は進行するので、市販の鎮痛剤で痛みを抑えていても、徐々に薬も効かないほど痛みが強くなっていきます。

子宮腺筋症は痛みがとても強く、陣痛と同じくらいとも言われています。

子宮腺筋症の診断・治療法は?

子宮腺筋症の診断は、問診・内診・エコー検査・MRI・CTなどによって診断されます。

治療法には、薬物療法と手術療法があり、症状や子宮の状態、妊娠の希望の有無、年齢などによって治療方法も異なるので、医師と相談して決める必要があります。

薬物療法とは?

症状を改善するために、鎮痛剤や鉄剤が処方される場合がありますが、子宮腺筋症の進行を止められるわけではありません。

子宮腺筋症はホルモンの影響を受けて進行していきます。そのため、GnRHアゴニストなどの薬によって女性ホルモンの分泌を抑制することにより、生理を休ませることで症状が改善します。
一時的に体を閉経の状態にするため、副作用で更年期のような症状が出る場合もあります。

また、低用量ピルを使用し、一時的に体を妊娠の状態にして、排卵をなくす方法を用いる場合もあります。

GnRHアゴニスト・低用量ピルともに、過多月経や月経痛を緩和できますが、子宮腺筋症自体に効果があるわけではありません。
薬の使用を中止すると、症状や子宮の状態は元に戻ってしまいます。

手術療法とは?

子宮を全て取り除く子宮全摘出術やと妊娠を希望する場合に行う子宮腺筋症切除術などがあります。
子宮腺筋症切除術とは、子宮を残して病巣を取り除く方法ですが、子宮腺筋症の病巣は点在しているケースが多いので、全て病巣を取り除けない場合が多いです。

現代の女性に増えているのはどうして!?

昔に比べて現代は、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮腺筋症などの子宮や卵巣の病気が増えています。

食生活が欧米化し、仕事を持つ女性が増えて、ライフスタイルが大きく変化したことも原因であると言えるでしょう。
現代は少子化が問題となっていますが、出産回数が減ったことも原因となっています。
妊娠中と授乳中は生理がありません。
子供を5人産んだ人ならば、8年近くもの間生理がないことになります。
最近は母乳で育てる人も減り、出産後生理のない時期は短くなっています。出産後2〜3ヶ月で生理が始まる人も多くいます。

現代の女性は、初潮を迎えるのも昔に比べて早くなっているので、人生の中で経験する生理の回数は昔と大きく違っているのです。
生理の回数が多いということは、それだけ子宮や卵巣のトラブルが増えるということになります。

気になることは、我慢せずに、早めに産婦人科で相談すると良いでしょう。

【生理痛センター】コンテンツ分類
  • 【生理痛ってどんなもの?】月経の仕組みと、痛み・頭痛・吐き気などの症状を緩和する方法
  • 【生理痛の対処法】症状を緩和したいなら身体を温める(ヨガ)/薬(鎮痛剤・ピル)/食べ物(イソフラボン)
  • 【生理に影響を与える子宮のトラブル】子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症と子宮に関する病気をご紹介
  • 【生理に関するよくある悩み】生理痛が酷い月経困難症・月経が安定しない生理不順・不正出血などをご紹介
  • 【生理前のイライラはPMSかも!?】月経前症候群の症状と低用量ピルなどによる治療法、セルフケアの方法をご紹介
  • 【生理痛コラム】骨盤矯正による生理痛の改善法とは?基礎体温で月経周期とホルモンバランスを把握!
【生理痛センター】コンテンツメニュー
  • 体を温めて痛みを緩和 - 冷えは生理痛の大敵!ヨガが効く!?
  • 食べ物で生理痛を緩和 - 大豆イソフラボンはホルモンバランスを整える
注目記事(生理痛センター)ランキング