生理痛
生理不順生理に関するよくある悩み

生理不順

生理不順

生理痛

生理不順とは生理は女性の心と体の健康を反映していると言っても良いでしょう。
生理をコントロールしている女性ホルモンは、とてもデリケート。
生活習慣やストレス、体調などの影響を受けやすいのです。
日頃から体に優しい生活を送っていないと、すぐにホルモンのバランスを崩してしまいます。

ホルモンバランスの崩れによる、生理周期のトラブルを生理不順と言い、種類も原因もさまざまです。
そのため、自分に適したケアが必要となるので、自分の生理や生活習慣などについて、見直す必要があるでしょう。

そもそも正常な生理周期って??

生理周期を知る「生理が毎月1日に来る」というように、規則正しく生理が来る人もいるかもしれません。
しかし、毎月ぴったり同じ日に生理が来ないからと言って、生理不順と言うわけではありません。

生理周期とは、生理が始まった日から数えて、次の生理が始まる前日までの日数を言います。
月経周期が25〜38日の場合、生理周期が正常であるとされています。
毎月の生理周期が全く同じ日数でなくても、25日以上38日以下であれば、問題ありません。

ホルモンバランスの崩れなどが原因で、生理周期が短くなったり(24日以下)、長くなったり(39日以上)する場合を生理不順と呼んでいます。

生理周期の乱れによる生理不順

下記のように、生理周期による月経不順は、頻発月経と希発月経に別けられます。

  • 頻発月経
    生理周期が24日以下
  • 希発月経
    生理周期が39日以上

生理周期が24日以下のときもあれば、39日以上のときもある…
というように、頻発月経と希発月経を繰り返すような場合を「不整周期月経」と言い、思春期や更年期などのホルモンバランスが変化する時期などに多い症状です。

生理が3ヶ月以上来ない場合は?

初潮を迎えて、定期的に生理が来ていた人で、3ヶ月以上生理が止まってしまうことを無月経(続発性無月経)と言い、主な原因に、ストレスやダイエットがあります。

妊娠や授乳、閉経によって生理が止まることを、生理的無月経と呼びますが、3ヶ月以上生理が来ない場合に、生理的無月経かどうかを確認する必要があります。

生理不順は治療できるの?

生理不順は治療できます。生理がなくても、体に不調がないと放っておいてしまう人が多いですが、時間が経てば経つほど治療に時間がかかってしまいます。生理不順は早期治療が大切なのです。

極端なダイエットをすると、生理が止まってしまいますが、極端な体重低下による生理不順は、体重をある程度まで戻す(増やす)必要があります。
体重が戻ると、自然に生理が来る場合が多いです。

ホルモン剤による治療

ホルモンのバランスは血液検査で調べられます。ホルモンが極端に少ない場合には、ホルモン剤を使用し、ホルモンのバランスを整えて生理を起こします。
生理不順の状態が長く続いている人は、定期的に生理が来るようになるまでホルモン剤の使用を続けると良いでしょう。
順調な人でも、3ヶ月程度続けるケースが多いようです。

ストレスや環境の変化などが原因で生理がこなくなってしまう場合にも、ホルモン剤を使用します。
この場合、一度生理が来たら、ホルモン剤は使用せずに様子をみていきます。(ホルモンバランスが大きく崩れている場合は異なります。)

低用量ピルによる治療

低用量ピルとは、2種類の女性ホルモンが含まれ、避妊や生理痛の緩和にも使用されています。
副作用を心配する人は多いですが、低用量ピルはホルモン量も少なく、副作用が起こりにくいとされています。

低用量ピルを使用することで、生理周期が整ってきます。

無月経だとどうなるの?

無月経になると子宮や卵巣が機能していないので、萎縮してしまったり、更年期障害と似たような症状が現れることがあります。
また、排卵がないので、不妊になることもあります。

子宮の機能や卵巣機能の衰え具合によって、ホルモン剤などの治療でも反応しなくなってしまうことがあります。
早めの治療が必要なのです。

【生理痛センター】コンテンツ分類
  • 【生理痛ってどんなもの?】月経の仕組みと、痛み・頭痛・吐き気などの症状を緩和する方法
  • 【生理痛の対処法】症状を緩和したいなら身体を温める(ヨガ)/薬(鎮痛剤・ピル)/食べ物(イソフラボン)
  • 【生理に影響を与える子宮のトラブル】子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症と子宮に関する病気をご紹介
  • 【生理に関するよくある悩み】生理痛が酷い月経困難症・月経が安定しない生理不順・不正出血などをご紹介
  • 【生理前のイライラはPMSかも!?】月経前症候群の症状と低用量ピルなどによる治療法、セルフケアの方法をご紹介
  • 【生理痛コラム】骨盤矯正による生理痛の改善法とは?基礎体温で月経周期とホルモンバランスを把握!
【生理痛センター】コンテンツメニュー
  • 体を温めて痛みを緩和 - 冷えは生理痛の大敵!ヨガが効く!?
  • 食べ物で生理痛を緩和 - 大豆イソフラボンはホルモンバランスを整える
注目記事(生理痛センター)ランキング