生理痛
不正出血生理に関するよくある悩み

不正出血

不正出血

生理痛

不正出血の原因不正出血…と聞くと、何かの病気のサインというイメージがありますが、どのような病気が隠れているのでしょうか。
不正出血の量が少ないからと放っていては、病気の早期発見を逃してしまうことにもなるのです。

不正出血とは?

不正出血とは不正出血とは、不正性器出血とも呼び、生理以外の性器からの出血です。
おりものに少量混ざっているような、気付かない程の少量の出血もあれば、貧血を起こすほどの大量の出血もあります。
色も、茶色っぽい血液の場合もあれば、鮮血の場合もあります。
また、痛みをともなう・生理痛が強くなる・何度も出血を繰り返す等の場合もあります。

不正出血の原因は?

不正出血には機能性出血と器質性出血があります。
機能性出血は排卵やホルモンバランスが原因で起こり、器質性出血は、子宮の病気や炎症、血液疾患などが原因となって起こります。

機能性出血とは?

機能性出血は、ホルモンバランスや排卵が原因で起こり、更年期や思春期に多くみられます。
最も多いのは、ホルモンのバランスが乱れて子宮内膜が厚くなりすぎてしまい、生理のときに完全に剥がれ落ちずに、不規則に剥がれ落ちてきてしまうケース(子宮内膜増殖症)です。

また、排卵の時期に起こる機能性出血を排卵性機能出血と言い、排卵期のエストロゲン(卵胞ホルモン)の減少や排卵が原因で出血します。

器質性出血

器質性出血は、体の異常が原因となって出血します。
子宮がん(子宮体ガン・子宮頸がん)・子宮肉腫・子宮頚管ポリープなどがあります。

器質性出血と主な症状

下記のように、原因となる病気によって、不正出血とともに現れる症状が異なります。

  • 子宮体がん
    水っぽいおりもの(血が混ざったおりもの)・下腹部痛などの症状をともないます。
  • 子宮頸がん
    おりもの・下腹部痛・性交時の出血・腰痛・血便・血尿などの症状をともないます。
  • 子宮肉腫
    おりもの・下腹部の痛み(違和感)などの症状をともないます。
  • 子宮頚管
    ポリープ茶褐色のおりものなどの症状をともないます。

不正出血の診断・検査

不正出血の診断は、問診・内診・エコー検査などで行います。疑われる病気がある場合には、病気に応じた検査を行う場合もあります。

問診では、不正出血の期間や量、色、ともなう症状などを質問されるので、記録しておくと良いでしょう。
また、基礎体温をつけている場合には、基礎体温表を持参しましょう。
診察時に基礎体温をつけるように、医師から言われる場合もあります。

主な検査

  • 内診・エコー検査
    子宮や卵巣の大きさや形、位置を確認します。
  • 血液検査
    血液に含まれるホルモンの濃度を測定します。排卵の有無も調べられます。
  • 細胞診検査
    腫瘍などが良性のものなのか、悪性のものなのかを調べるために行います。

など

不正出血の治療方法

不正出血の治療は、原因によって異なります。原因が子宮などの病気である器質性出血の場合は、病気に応じた治療を行っていきます。

ホルモンバランスや排卵が原因となる排卵性機能出血は、治療が必要ない場合も多いですが、不正出血が長く続いていたり、量が多かったりするケースでは、ホルモン剤を使用する場合もあります。

閉経後の不正出血はすぐに受診を!

閉経後の不正出血は、子宮がんか萎縮性膣炎の可能性があります。
子宮がん検診を受けていない場合は、早めに受診しましょう。
萎縮性膣炎は、黄色っぽいおりものが出るのが特徴です。

【生理痛センター】コンテンツ分類
  • 【生理痛ってどんなもの?】月経の仕組みと、痛み・頭痛・吐き気などの症状を緩和する方法
  • 【生理痛の対処法】症状を緩和したいなら身体を温める(ヨガ)/薬(鎮痛剤・ピル)/食べ物(イソフラボン)
  • 【生理に影響を与える子宮のトラブル】子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症と子宮に関する病気をご紹介
  • 【生理に関するよくある悩み】生理痛が酷い月経困難症・月経が安定しない生理不順・不正出血などをご紹介
  • 【生理前のイライラはPMSかも!?】月経前症候群の症状と低用量ピルなどによる治療法、セルフケアの方法をご紹介
  • 【生理痛コラム】骨盤矯正による生理痛の改善法とは?基礎体温で月経周期とホルモンバランスを把握!
【生理痛センター】コンテンツメニュー
  • 体を温めて痛みを緩和 - 冷えは生理痛の大敵!ヨガが効く!?
  • 食べ物で生理痛を緩和 - 大豆イソフラボンはホルモンバランスを整える
注目記事(生理痛センター)ランキング