生理痛
PMS生理前のイライラはPMSかも!?

月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)

生理痛

PMSは多くの人が発症している生理前にイライラ、憂うつ、下腹部痛、頭痛、肌荒れ、むくみなどの症状を感じたことはありませんか?
生理のある女性の8割がこのような生理前の症状を感じたことがあるとされています。

この生理前の症状を月経前症候群(PMS)または月経前緊張症と呼んでいます。 PMSは軽い人もいれば、症状が重く日常生活に支障をきたすほどの人もいます。
多くの場合、精神的な症状と身体的な症状が複合的に現れ、本人も辛く、周囲にも良くない影響を与えてしまう可能性があるのだとか。

PMSに悩む女性はたくさんいます。
「自分だけ」と考えずに、治療に取り組んでいきましょう。

PMSとは?

PMS(月経前症候群)とは月経前症候群は、生理のある健康な女性ならば、誰にでも起こりうる症状です。
PMSはPremenstrual Syndromeの略です。
生理の2週間前(排卵後)から生理が始まるまでの間に心と体の症状が現れます。
生理が始まるとピタッと症状がなくなる人もいれば、生理が始まると症状が軽減する人もいます。

心の症状では、人間関係に影響してしまうような暴言を吐いてしまったり、仕事でミスばかりしてしまったり、社会的なトラブルにつながる可能性もあります。
また、腹痛や頭痛、めまいなどの体の症状が起こり、仕事や家事に手がつかなくなってしまうことも・・・

毎月生理前になると現れる辛い症状に、悩んでしまう人が多いようです。
心の症状が強く、自分の感情のコントロールができなくて、外出するのも嫌になってしまうことも・・・。

PMSの原因は?

PMSの原因はまだはっきりとわかっていませんが、下記のことが関係していると考えられています。

脳内物質(セロトニン)の低下

セロトニンとは、精神を安定させ、喜びを感じる働きのある神経伝達物質です。
排卵後にエストロゲンの分泌が減少すると、セロトニンが急激に減少してしまいます。
そのために、不安・憂うつ・イライラ・攻撃的になるなどの症状が現れるとされています。

プロゲステロンの分泌増加

排卵後はプロゲステロンの分泌が増加します。
ストレスや生活習慣の乱れなどがあるとプロゲステロンの影響を受けやすく、体調が悪くなってしまうとされています。

PMSの症状は人それぞれ

PMSの症状には、心に現れる症状と、体に現れる症状があります。
症状は人によって異なり、心の症状も体の症状も、いくつかの症状が複合して現れる場合が多いです。

主な心の症状

  • イライラ
  • 怒りやすい
  • 攻撃的になる
  • 衝動的になる
  • 憂うつ
  • 無気力
  • 不眠
  • 集中力の低下
  • 落ち込みやすい
  • 孤独感

など

主な体の症状

  • 乳房のハリ
  • 下腹部痛
  • 頭痛
  • むくみ
  • にきび・肌荒れ
  • 便秘・下痢
  • めまい
  • 肩こり
  • 眠気
  • 手足の冷え

など

PMDD(月経前不機嫌性障害)とは?

PMSの症状が重く、特に心の症状が重症であり、人間関係や仕事、日常の生活に大きな悪影響を及ぼす症状を、PMDD(月経前不機嫌性障害)と呼んでいます。
PMSは生理のある女性の約80%ほどが感じた経験があるとされていますが、PMDDは約5%とされています。

PMDDはPMSと同様、排卵後から生理は始まるまでの期間に症状が現れます。
排卵後ずっと症状が出る場合もあれば、生理前の数時間のみ症状が出る場合もあります。
PMDDの症状は主に心の症状であり、PMSの症状よりもひどく、どうしようもならないほどの不安やイライラ、強い抑うつ気分、強い怒り、眠くて仕方ない、過食などの症状があります。
生理が終わって、次の排卵日までは症状は全くなく、日常生活も人間関係もスムーズです。そのため、生理前になると人格が変わってしまう、自分は二重人格のようだと感じてしまう人も少なくありません。
なかには、仕事を辞めてしまったり、自傷行為を行ってしまったりする場合もあります。

PMDDの治療には、抗うつ剤や精神安定剤、ホルモン剤が使用されます。
病院は産婦人科、精神科を受診しましょう。
PMDDの診断ができるかどうか事前に問い合わせておくと良いです。

【生理痛センター】コンテンツ分類
  • 【生理痛ってどんなもの?】月経の仕組みと、痛み・頭痛・吐き気などの症状を緩和する方法
  • 【生理痛の対処法】症状を緩和したいなら身体を温める(ヨガ)/薬(鎮痛剤・ピル)/食べ物(イソフラボン)
  • 【生理に影響を与える子宮のトラブル】子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症と子宮に関する病気をご紹介
  • 【生理に関するよくある悩み】生理痛が酷い月経困難症・月経が安定しない生理不順・不正出血などをご紹介
  • 【生理前のイライラはPMSかも!?】月経前症候群の症状と低用量ピルなどによる治療法、セルフケアの方法をご紹介
  • 【生理痛コラム】骨盤矯正による生理痛の改善法とは?基礎体温で月経周期とホルモンバランスを把握!
【生理痛センター】コンテンツメニュー
  • 体を温めて痛みを緩和 - 冷えは生理痛の大敵!ヨガが効く!?
  • 食べ物で生理痛を緩和 - 大豆イソフラボンはホルモンバランスを整える
注目記事(生理痛センター)ランキング