生理痛
PMS,治療生理前のイライラはPMSかも!?

PMSの治療方法

PMSの治療方法

生理痛

PMSの治療法PMSの症状は、もちろん患者本人は辛いですが、周囲の家族や同僚、友人などにも影響を与えます。
自分のためにも、周囲の人たちのためにも、あきらめずに治療をしていきましょう。

「改善できないもの」「自分の我慢が足りない」などと、PMSを病気と捉えない人も多いです。
PMSは治療をすれば改善できます。我慢せずに、医師に相談して適切な治療を行っていきましょう。

PMSの症状を改善

薬物療法による症状緩和PMSの治療法は主に薬物療法を行っていきます。
低用量ピルなどを使用し、PMSの原因となっている生理を一時的に休ませることにより、ホルモンの分泌を減少させて、症状を改善します。
精神症状の改善には、精神安定剤や抗うつ剤を使用する場合もあります。

また、漢方薬による治療を行う場合もあります。漢方薬でホルモンバランスを整え、症状を改善させるのです。
薬や漢方薬を使用して治療を行う際には、必ず医師の指示に従って使用しましょう。

低用量ピルでPMSを改善

低用量ピルは、避妊薬として用いられているイメージが強いのではないでしょうか。
低用量ピルには、生理・排卵を休ませる働きがあります。
そのため、月経困難症やPMSなどの治療にも用いられているのです。
生理が止まって排卵がなくなると、PMSの原因とされているプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌も減少するので、症状も改善されます。

妊娠を望む人は・・・

低用量ピルは排卵を休ませてしまうので、服用中は妊娠できません。
医師に妊娠の意思を伝えて、薬を処方してもらいましょう。漢方薬を処方してくれる病院もあります。

抗うつ剤で精神症状を緩和

排卵後はエストロゲンの分泌が減少し、精神を安定させ、喜びを感じるセロトニンという脳内物質も減少してしまいます。
PMSでは、セロトニンを活性化する働きのあるSSRIが主に使用されます。
セロトニンを活性化することにより、精神症状を改善できるのです。

抗うつ剤の副作用は?

抗うつ剤というと副作用が心配ですが、このSSRIは、セロトニンにのみ働きかけるので、副作用が少なくなっています。
副作用を減らすために開発された薬であり、日本中で100万人もの人が使用しているとされています。

漢方薬でPMS治療

漢方薬は人間の持っている治癒力を高めてくれます。一般的な薬に比べて即効性はありませんが、効果が徐々に現れてきます。
1〜2ヶ月飲み続けていくと、効果を実感できるでしょう。

PMSで使用されている漢方薬に、「加味逍遥散」という精神症状を改善するものや「冠元顆粒」という血流を良くするものがあります。

近年では、漢方薬を処方する病院も増え、病院で処方される「新薬」と組み合わせて処方してくれる病院もあります。

漢方薬には副作用がない!?

漢方薬は「体にやさしい」というイメージが強く、副作用はないと考えている人が多いのではないでしょうか。
しかし、漢方薬にも副作用があります。
医師にしっかりと自分の病状が伝わっていなければ、自分に合った漢方薬を処方してもらえません。
自分に合った漢方薬でない場合には、副作用が起きる場合があります。
また、用量・用法を守らなかった場合にも、副作用が起きる可能性があります。

漢方薬は新薬に比べて、副作用が起こりにくいとされています。
医師に正しく病状を伝えて処方してもらい、用量・用法を守って使用すれば、副作用は防げるのです。

【生理痛センター】コンテンツ分類
  • 【生理痛ってどんなもの?】月経の仕組みと、痛み・頭痛・吐き気などの症状を緩和する方法
  • 【生理痛の対処法】症状を緩和したいなら身体を温める(ヨガ)/薬(鎮痛剤・ピル)/食べ物(イソフラボン)
  • 【生理に影響を与える子宮のトラブル】子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症と子宮に関する病気をご紹介
  • 【生理に関するよくある悩み】生理痛が酷い月経困難症・月経が安定しない生理不順・不正出血などをご紹介
  • 【生理前のイライラはPMSかも!?】月経前症候群の症状と低用量ピルなどによる治療法、セルフケアの方法をご紹介
  • 【生理痛コラム】骨盤矯正による生理痛の改善法とは?基礎体温で月経周期とホルモンバランスを把握!
【生理痛センター】コンテンツメニュー
  • 体を温めて痛みを緩和 - 冷えは生理痛の大敵!ヨガが効く!?
  • 食べ物で生理痛を緩和 - 大豆イソフラボンはホルモンバランスを整える
注目記事(生理痛センター)ランキング